トリビア

知ってました? 【オレガノ】のこと

知ってました? 【オレガノ】のこと イメージ

オレガノは、地中海沿岸原産のシソ科の多年草です。日本には江戸時代に渡来し、ハナハッカ(花薄荷)の和名がつきました。学名の「Origanum」は、ギリシア語の「oros ganos(山の喜び)」が語源で、ギリシアでは幸福のシンボルとされています。草丈が30~60mほどに生長し、6~9月に淡いピンク色の花を咲かせます。強い香りが特徴で、肉の臭み取りとして料理にも使われ、ピザやスパゲッティに欠かせない香辛料の1つとなっています。またオムレツやドレッシング、自家製のウスターソース、ケチャップソースを作る時にも、豊かな風味を与えてくれます。トマトとの相性の良さも良く知られており、オレガノの加えると明らかに一味違ったトマト料理に変身させてくれます。
オレガノは、古代ギリシア・ローマの時代より風邪薬や頭痛薬として使われてきました。風邪、気管支炎、頭痛、生理痛、口内炎、消化不良、腹痛などに対してとても強い薬効があり、胃腸の調子を整え、消化を促進する作用があるといわれています。
またオレガノは、身体の内部だけではなく、精神的にも鎮静作用があるといわれ、神経をそっと落ち着かせてくれます。最近疲れ気味だな…と感じている人にもおすすめのハーブの一つです。その他、オレガノは、にきびなどにも効果があるとされています。(※オレガノは妊婦さんには刺激が強いので、妊娠中の方はあまり使用しないようにご注意ください)
また最近のアメリカ合衆国農務省(USDA)の研究によると、抗酸化成分が多く含まれ、アンチエイジングや免疫力の向上、高血圧・動脈硬化・糖尿病の予防などの効果が期待できます。またある研究ではオレガノに含まれる「カルバクロール」という成分に前立腺がんを死滅させる効果があることが明らかになりました。そのため、今後のさらなる研究結果が注目されています。
このように、様々な効能の宝庫であるオレガノの花言葉は『輝き』『財産』『あなたの苦痛を除きます』『自然の恵み』『富』などがあります。
「あなたの苦痛を除きます」という花言葉は、葉や茎に殺菌作用や鎮静作用があり、民間療法に古くから用いられてきたことに由来し、「自然の恵み」「富」「財産」は、料理やお茶、ポプリなどたくさんのものに花や葉を活用できることからつけられたようです。
一般にはスパイスのひとつとして、パウダー状のものや、開花時に先端のやわらかい部分を乾燥させたものを詰めたものが売られているのをよく見かけますが、『まる』のままならば、料理をはじめ、その効能が様々に楽しめますよ。

一覧に戻る