産地・文化・歴史

DOPとIGPは品質の証

DOPとIGPは品質の証 イメージ

ヨーロッパ(EU域)では、様々な農産物に対して、DOPやIGPと言った呼称を認定しています。この呼称はそれらの製品がとの土地に根差したものであり、素材、生産、加工等に対し品質保持のための厳しい制限が与えられています。

DOPとIGPは品質の証 イメージ

DOP (Denominazione di Origine Protetta)

原産地保護呼称。素材、生産、加工の工程すべてが指定地域で行われ、伝統的製法による特有の製品であることを保証。人工着色や添加物の使用などは一切禁止されているほか、製品ごとに細かく規定されている。

 

IGP (Indicazione Geographica Potetta)

素材、生産、加工の工程全て、若しくはいずれかの工程が指定地域でなされなくてはならない。DOPよりやや緩やかな保護指定地域表示。EUの定めた特定農産物、食品に対する商標。

一覧に戻る